読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コピーライター的、戯言目録。

福岡拠点のコピーライター・プランナーです。日々の仕事で得た色んな手法をまとめています。

領収書とレシートと出金伝票。

フリーランスのもがき方
 
 
自営業者、フリーランス、本業をしながら副業されている方だったら確定申告にいく必要があります。
 
 
行かないとダメですよ!申告しないと脱税になるかもですし。
※金額によって申告の義務がないものもあるそうです。
 
 
上半期も終わり、年度末に向けてひーこら領収書やらレシートやら整理している人も多いでしょう。
 
 
ぼくも去年度(25.3月)、人生初の確定申告...じゃねぇな、二回目。学生時代にバイトしてた分で申告したことありました 笑
 
 
今回の記事では、
 
  1. 領収書・レシート
  2. 出金伝票
 
 
について、あくまでぼくの知識の範囲内でぶつくさほざいていこうかと思います。
責任は持ちません、詳しいことは法律に聞いてください 笑
 
 
 
では早速。
 
 
 

領収書じゃないといけない?レシートじゃだめ?

 

 

結論から言いましょう。レシートでも全然OKらしいです。むしろ、税務署は商品名目が明確なレシートを推奨してるくらい。

 

事業用の経費証明のために、領収書を切ってもらう。

 

独立した当初、ぼくは「すべて領収書じゃないと経費申告できない」ものと思っていました。が、まあそれが誤りだったんですね。

 

これ聞いてなんか安心しましたが、以下の点に気をつけましょう。

 

 

領収書。

「宛名」があることで、誰が購入したものかは明確になる。但し書きはおおまかなケースが多いため、場合によってははじかれることもあるそうです。

 

例)電車の乗車券 手書き領収書

 

f:id:dieki03:20130928205201j:plain
 
 
 

レシート。

「購入した品目」などは明記されていますが、「宛名」がありません。まあ、ぼくが嫁さんが買ってきた文房具を「事業経費」として、申告できなくはないってとこですよね。

 

例)AppleStore ワイヤレスキーボード レシート

 

f:id:dieki03:20130928205416j:plain
 
 
 
違いは明確ですね。まあ、領収書も宛名書いてもらわなかったらほとんどレシートと同じ、っていうことができるやもしれません。
 
 

領収書とレシートを使い分ける基準ってあるの?

 
 
知り合いの税理士さんに聞いてみましたが、それぞれの裁量によって取り扱われるようです。従って、明確な基準なし。
 
 
 
例えば、15万のiMacを購入したとしましょう。...欲しい!( °д° )
 
 
「事業用!仕事でバリバリ使ってる!」
 
 
っていうことはできますが、レシートでは、あなたが購入した(あなたの事業用に購入した)という証明ができません。
 
 
高額な買い物は領収書切ってもらった方が安心っすよ。って話らしいです。
 
 
 
 
 
逆に、ドンキで以下のものを購入して、総額を手書きにしてもらったとしましょう。
 
 
もしかしたら、生活用のシャンプー買ってるかもしれないし、コンドームなり大人のおもちゃなり買ってるかもしれません。手書きの領収書では、詳しい品目がわからないので、いろいろ小分けで買う時はレシートの方がいいのかなぁーなんて。
 
 
 
なぁんか面倒っすな(´・ω・`)
 
 
 
領収書、レシート、ちゃんと経費申告できるとしたら、それは購入金額の15%分を安くしてくれる金券と同じことなんですって。こう聞くと、ちゃんと整理しとこうかなんて思いますよね。
 
 
 

領収書、レシートをもらい忘れた時の代用に。

「出金伝票」が意外と便利!

 
 
 
出金伝票で〆ます。
 
 
100均とかで売ってます。こんな感じですね。
 
 

 
オープン↓
 
f:id:dieki03:20130928210543j:plain
 
 
 
これっすね、レシートや領収書を取り忘れたときの言い訳伝票みたいなもんらしいんす。
 
 
特に交通インフラ系の領収書!
もらうの面倒なとこありますよね?そんなときも、まあこんな風に書けば経費として申告できるらしいんです。
 
 
 
出金伝票の基本的な書き方はこんな感じ。
 
 
f:id:dieki03:20130928213145j:plain
 
 
ポイントは
 
  1. 日付
  2. 何に使ったか
  3. 誰に支払ったか
  4. 支払い金額
 

の四点だけだそうです。

ちなみに出金伝票切ったからって、全部が全部経費になる訳じゃないそうです。くわばらくわばら。まあ、当たればラッキー?みたいな感じで。

 

これ、過去分の後追いとかできんのかな...特に交通費あたりとかって失念してること多いし。

 

もちろん、自作で出金伝票作ってもいいみたいですし、ネット上にも出金伝票のテンプレート転がっていますので、この辺り応用してもいいかもしれません。エクセルでつくられてるやつもあったので、そのまま入力してプリントアウト→そのまま出金伝票として使用、みたいな風にしてもいいかもですね。

 

「そんなん面倒くせえわ」って人のために、一応いくつかリンク貼っときます。

 

コクヨ出金伝票(100枚綴り)


コクヨ/出金伝票/テ-2N

 

 

コクヨ出金伝票(1,000枚綴り)


コクヨ 出金伝票 B7 ヨコ型 白上質紙 100枚入り テ-2N / 20セット

 

 

 

 

あとがき。

 

これら領収書、レシート、出金伝票。白色申告でも保管義務発生しちゃいましたね。

 

メンドクセ(´・ω・`) ぼくは税理士さん雇っていません。月額1,000円ほどのオンライン会計ソフトで十分。

 

テレビコマーシャルもやってるfreee(フリー)ってやつですね。

 

事業用口座とも同期してるし、よくある取引に関しては複数登録もできるのでかなり助かってます。

 

例えば事業用口座に入金があった時、登録さえすれば勝手に会計ソフトに記帳してくれるみたいな感じです。

割と使い勝手もいい^ ^

30日の無料体験プランが人気|クラウド会計ソフトfreee


 

広告を非表示にする