読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コピーライター的、戯言目録。

福岡拠点のコピーライター・プランナーです。日々の仕事で得た色んな手法をまとめています。

広告なんか見られない。

 

広告見るのが楽しみでしょうがない。

 
 
そんな人いるんですかね?笑 
 
 
 
 
仕事の都合上見るようになりましたけど、それ以前はいっちょん見とらんでした。
 
 
 

クソ邪魔な広告ども。


 
VHSの時代。ゴジラ対○○シリーズがロードショーであったとき、もれなくCMカットの設定で録画してましたし、映画の広告も、たまにホラー映画の予告とか流れてマジ好かんでした。
 
 
f:id:dieki03:20140224000512j:plain
 
 
 
民放。いいとこでコマーシャルぶっこまれて、CM終わるとまたいいとこ前のデジャヴまた見せられてやっと目当てのシーンに。邪魔だな!
 
 
 
コンサートのプログラムに掲載されてる広告も邪魔。ヒーローインタビュー、お立ち台後ろの企業ロゴも邪魔。プロスポーツ選手のユニホームにばつばつ貼られてるロゴも邪魔。
 
 
 
広告は邪魔です。たぶん、この記事見てても、いろんな広告が随所に表示されるはず。邪魔。YouTubeの広告も邪魔。「えっ?わたしの年収低すぎ?!」も邪魔。
 
 
 
ただでさえ邪魔な広告。現実でも、ネットでもそう。
 
 
 
まあでも、「邪魔」を仕事にするなんてなんとも小気味いい話ではありませんか(^ω^) 最初からマイナスなんだから、何かとやりやすいし。
 
 
 
邪魔には変わりないけど、作り方ひとつで邪魔なりについつい目がいっちゃう、パシャリと写メってシェアしたくなる広告って、結構あると思うんです。
 
 
 
これはたぶん、売るためだけに適当に取り繕われたコピーライティングノウハウじゃ、とても実現できないと思います。
 
 
 

インサイトにダイレクトσ(・д・ )?


 
コピーライティングやマーケティングを勉強してると、インサイトって言葉にだいたいぶち当たります。当たらないのは、モグリじゃね?ってくらいのレベルで。
 
 
 
売るため、じゃなくて選んでもらう、買ってもらう、シェアしてもらうために必要不可欠な概念ではないかと。
 
 
 
ちなみにインサイトは「本質、本音」なんて意訳されます、広告業界じゃ。ここにズドンと響き渡るコピーなりデザインなりつくれれば、邪魔なだけの広告から一皮ズル剥けるんじゃないかなって思います。
 
 
 
なんってか、営業マンから物買いたくないし、広告にうまくハマってなんか買うのもこれまたなんかヤですよね
 
 
↓全部中途半端でぶん殴りたくなる(^ω^)
 
f:id:dieki03:20140224001139j:plain
 
 
 
安易で陳腐な広告手法は、近年レベル急増中のユーザーインサイトを逆なでするだけ。
 
 
 
でも割と、ソフトに逆なでてる広告多いと思うんです。たぶん、そういうところって広報部門弱いか、そもそもないか、代理店全く使ってないかの三者択一だと思います。
 
 
 
「鏡がないと、じぶんの姿は見えません。」
 
 
「鏡が汚れてると、じぶんの姿は正しく把握できません。」
 
 
 
つい最近、福岡市中央区薬院にある「かがみ」っていう居酒屋さんで、黒毛和牛のタワー鍋を食してきました。
 
 
 
f:id:dieki03:20140224002207j:plain
 
 
 
    ( ^ω^)   ふ
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする