読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コピーライター的、戯言目録。

福岡拠点のコピーライター・プランナーです。日々の仕事で得た色んな手法をまとめています。

文章力を上げるために心がけている3つのこと。

上手な文章の作り方 ブログの書き方

ライターとして独立してからまだ2年。


ほぼハッタリでいろんな仕事はいただけておりますが、もちろん業界じゃあペーペーもペーペーです。


そんなぼくにも「どうやったら上手に記事がかけるようになるか教えてほしい。」「オススメの書籍とかあったら教えてよ。」みたいな相談がきます。最近特に多いです。

文章を書く仕事をしている人、その他クリエイティブ関連の人の文章力の向上はもちろんですが、
お仕事メールの執筆、ビジネス文書の書き方など気にされている方も多いはずです。



ってなわけで、僭越ながらですが文章力をあげるためにぼくがやっていること3つ、公開しようと思います。



f:id:dieki03:20140307025633j:plain






1.類義語フル活用。



とてもよく使わせていただいております。
無料で使えるWeblioが多いですね。


「美しい髪、美しいくちびる、美しい肌を持つ君が好きだ。」なんて言っても響きません。


↑は極端な例ですけど、初心者のライターさんって例えば「作品」って単語、同記事内にいくつも羅列したりしますよね。ここのたりの使い方がどうなのか、とかも考える癖つけといた方がいいと思います。



2.ネタ帳を作る。



普通のノートではなく、ルーズリーフ形式でまとめるようにしています。


なにを?ネタを。


最近だったら「店舗リフォーム」「ブティック」「人材サービス」関連について調べることが多いので手書きでネタ張に書き殴るようにしてます。


まとめ方は自由だと思います。ぼくはアナログにしてますけど、パソコンで保管とかでもいいと思いますよ。ぼくはいやですけど。


3.取材を工夫する。




記事の案件もらった→「リフォーム」について調べないといけない→「リフォーム」「リフォーム お得」で検索→トップページに出てきたネタを参考に執筆→所詮その程度の記事しかできない。


もちろんWebで調べるのも大事ですけど、本なり、人に聞くなり、取材方法にもバリエーションをもたせるといいと思います。


色々知りたいときは、普通に会社ホームページの問い合わせフォームから質問。
たいていの企業は返信くれます。


あとがき。



もちろん、文章力上げるために心がけていることはもっともっともっとあります。
おいおいご紹介していけ...るかの確約はてまきません。

ぼくがこのブログで収益を見込んでいるなら、...以降の表記は丸っと変わります。

広告を非表示にする