読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コピーライター的、戯言目録。

福岡拠点のコピーライター・プランナーです。日々の仕事で得た色んな手法をまとめています。

プレスリリース・コピーライティングの合わせ技。

コピーの書き方 プレスリリースの書き方

基本はコピーライティングやWebライティングで報酬いただいていますが、最近わりかし広報代行のような依頼をいただくようになりました。



制作や執筆だけでなく、集客に関する提案が欲しいと、なんかいい案よこせと。



提案はバカみたいにします。いろいろ考えるの楽しいですし。



そのうちの一つ、なかなかアナログですが、そう、スティングです。実践したことがある企業様、店舗様も多いことでしょう。レスポンス率、成約率はいかがでしたでしょうか?



f:id:dieki03:20140727014937j:plain




一般的にはレスポンス率0.003%〜0.005%程度なんていう風にも言われてるみたいです(諸説あります、あくまで参考程度に)。もちろん、業界や取り扱ってる商品等によっても数値は大きく変動。



10,000枚ポスティングして、よくて3〜5人が反応するってことですね。で、そのうちの何人が成約するかはプロモーション次第。



前置きはこの辺までにして、まずポスティングの特徴から見ていきましょう。





わかりきっているでしょうがおさらいで。ポスティングの特性。




Web2.0の世の中で、何をそげな化石じみたことを」


なんて思ったWeb界隈のみなさん。ちゃーんとしたプロモーションができて、デザインと特にコピーが適切なら、有る程度の成果を見込むことができます。


ぼくなりに考えているポスティングの特性です。


  1. 年齢層を問わない
  2. エリア限定配信が可能
  3. 新聞をとっていない世帯にもアプローチ可能
  4. (業者と仲良くなれば)toB限定配信、toC限定配信も可能
  5. チラシさえ用意すればそこまで値段も高くない。最小ロット5000、一枚単価2.0円とかも。つまり1万円+制作・印刷代で5000世帯にリーチ可能。
  6. 作り方によっては費用対効果も容易
  7. Webメディアへの流入が増える
  8. プレスとの合わせ技でレスポンス率倍増!




やりもしないうちから「どうせ見られない」「すぐ捨てられる」なんて思ってる人もいるかもしれませんが、ぼくは実績としてその効果を実感しています。だから、提案するんです、それはもう堂々と。





1.プロモーション決め
2.ツールを作り込む
3.プレスリリースで撒き餌の大量爆撃
4.いざポスティング



闇雲にポスティング...それだけはやめましょう。適当なデザインにポスティングにふさわしくないプロモーションとコピー。タイミングもなんの意図も根拠もなし。そんなので反応くるわけありません。

1.プロモーション決め


最低でもいつ、何部、どの地域に、どんなチラシを、誰に届けたいかくらいは考えましょう。じゃないと妥当なデザインもコピーもできません。



あとはストーリー作りですね。ポスティングを通じて何をどうしたいのか。どう見せてどんな反応を見込むのか。エリアによって配布物変えてみるのはどうか。などなど、いろいろと議論します。楽しいひとときです。


2.ツールを作り込む

デザイナーさん、コピーライターさんの出番ですよ!1.のプロモーションを妙技で表現し、かつユーザーに響くクリエイティブを作りましょう。コピーライターがいない場合、依頼しなくてもいいので安易にキャッチコピーを決めることだけはやめてください


以下の言葉をなんとなく使ってる場合は要注意。

  1. 極上、こだわり、厳選
  2. ついに、あの、待ちに待った
  3. フルサポート、トータルサポート
  4. お気軽に、安心です
  5. 信頼と実績の
  6. 創業○○年、長年の〜、熟練の、プロの


うまく使えば、絶対にマイナスになるという言葉でもありませんが、素人が扱うともんのすごいマイナスになります。


3.プレスリリースで撒き餌の大量爆撃

プレスリリース自体については、以下を参考に。マスに取り上げられた後のポスティングと、そうでない場合のポスティング。下手すると数十倍ほどレスポンスが変わります。


「某新聞社に聞いた プレスリリースを見るポイント5つ-コピーライター的、戯言目録。」
http://dieki03.hateblo.jp/entry/2014/03/07/221203


「プレスリリースにコピーの力を-コピーライター的、戯言目録。」
http://dieki03.hateblo.jp/entry/2014/01/29/113549



またいいネタ仕入れたので、プレス配信の記事も新しく書きますφ(^ω^ )



是非ポスティング前に配信を!


4.いざ、ポスティング

ロット数が少ない場合、自社スタッフで配るのもいいかもしれません、が、結局手間とかストレスとか体力的な疲労度とか考えると業者さんに任した方が結局得です。



スティングの日時、エリアなどはくれぐれも入念に打ち合わせを。



あとがきとちょっとした実績紹介。




ぶっちゃけ言うと、スティング業者さんはあくまでポスティング業者さんです。デザインのプロではないし、ましてやコピーライターのでもない。


ただ、データなどは流行りプロですので持たれてます。最適なタイミング、エリアなど提案してくれるところも。



一緒に考えてくれるとこがいいですよねφ(^ω^ ) 良心的な業者さんと、ぜひぜひポスティングの効果を高めてその中毒性に犯されてくださいませ。




福岡市内限定ではありますが、以下の3例だけ公開します。



実績1
「アパレルショップ セール案内」
配布地域:福岡市中央区町単位指定
配布部数:6,000部
来店者数/成約数:5名/3名
レスポンス率/成約率:0.12%/60%

実績2
「福岡市内 カフェ新規オープン案内」
配布地域:福岡市南区町単位指定
配布部数:1,000部
来店者数:85名
レスポンス率:0.85%

実績3
「福岡市内 美容室 失客向けDM」
配布地域:福岡市南区
配布部数:50
来店者数:3名
レスポンス率:6%

これよりもっと高いレスポンス率の実績もありますし、もっと低いレスポンス率の実績もあります 泣笑



プレスリリースに掛ける費用、ファックスとかだったら一か月100社に送ったとしても約1000円程度。成約すれば相当大きな反響が期待できます。


「ファックスなんざ持ってねえよ」っていう人は、格安でファックス利用ができる efaxがオススメです。ぼくも契約してます。iphone用のアプリもあるし、オンラインでファックス確認はもちろん、送受信もできる優れもの。トライアルもやってるみたいなので、無料プランで試してみるのも良いかも。



↓こちらからご確認いただけます。

≪eFax≫(30日間無料)お支払はカードでOK

広告を非表示にする