読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コピーライター的、戯言目録。

福岡拠点のコピーライター・プランナーです。日々の仕事で得た色んな手法をまとめています。

メリットをわかりやすく書くだけでコピーの濃度が高まる。

コピーの書き方

広告コピーに、わかりやすいユーザーメリットを。



こう言葉にするのは簡単なのですが、いざ書くとなると難しいものです。


f:id:dieki03:20150818225642j:plain


メリット。



あくまでユーザー側にとってのメリットのことで、会社や店舗の自慢・決意表明では断じてありません。



特にテレビコマーシャルや紙媒体、Web媒体とあらゆる広告で見かける

1「全力でサポートします!」

2「徹底的にフルサポートします!」

3「トータルでサポートします!」


これらコピーにあまり機能はないと考えます。


文字数をいたずらに消費するだけ。


現に、上記のコピー三つから一体なにが伝わってくるでしょうか??

1.全力でサポートしてくれるなんて親切な会社だなぁ。

2.徹底的にサポートしてくれるなんて安心だぁ。

3.トータルサポートしてくれるんなら任せたい!


なんて思う人、いるかもしれませんが少数だと見込みます。



少なくともぼくはこんな風↑には感じません。



狂気じみたフレーズだな、とは思います。





広告コピーと単なる決意表明は別物。




これらは単なる会社の決意表明。勝手にやれよってとこですし、やって当然の部分。



でもこんな愚劣なコピーが、ランディングページのメインビジュアルを飾ったり、広告バナーに数文字しか入れられない貴重なコピー枠を埋めてたりするんですから、それはもう驚きです。




上記1〜3のコピーなんて、会社のこともサービスの内容も商品の特徴もなにも知らなくてもかけるなんちゃってコピーに他なりません。



大事なことはフルサポートが具体的にどんなユーザーメリットに繋がるのかを記す、という点。



転職を例にあげて考えてみましょう。




「あなたの転職活動をフルサポート!」


↓なにをサポート?


1.お客様の希望に合った求人案件をご提案。

2.本来お客様が行う面接日時の調整を代行。

3.年収、福利厚生などの条件をお客様に変わって交渉。




↓結局どんなメリットがある?




1.求人情報を探さなくても勝手に求人案件が届く。

2.エージェントがスケジュール調整までしてくれるので、転職活動がスムーズ。

3.エージェントに対しての条件交渉なら言いたい放題。(直接の条件交渉は何かと気を遣う)


↓じゃあどういうコピーにするの?






...はここまで考えたら思いつきますよね?






いやちゃんと書きますよ。





若干巫山戯たコピーになりますが、


コタツでYouTube見てたら、年収700万円の求人情報が届いた。


人生初、転職エージェントと言う名の秘書を雇う。


「年収低過ぎ、福利厚生ザコだな!」転職エージェントには、なんだって言える。



とかも考えられますよね。



もっと短く、ズバッと端的にかつ高いクリエイティビティでもって書けたなら、ぼくはもっといい生活をしてるはず。


コピーライティングに関する別記事はコチラから

dieki03.hateblo.jp
dieki03.hateblo.jp
dieki03.hateblo.jp
dieki03.hateblo.jp
dieki03.hateblo.jp
dieki03.hateblo.jp

広告を非表示にする