読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コピーライター的、戯言目録。

福岡拠点のコピーライター・プランナーです。日々の仕事で得た色んな手法をまとめています。

最近お気に入りのキャッチコピー5選。

コピーの書き方

キャッチコピーには賞味期限があるものと認識しています、コピーライターの田中です。



ホームページリニューアルに伴い、自身で作成した商用・非商用のキャッチコピーをまとめております。



コピーライターとして仕事を受け始めてまだ1年程度。まだまだヒヨコです。ぴよぴよ。



ぼく作のコピーはホームページポートフォリオにあげるとして、最近お気に入りのコピーを5つ、特に意味もなく挙げようと思います。上から順にお気に入りです。



1.

ふみ出す人に世界は微笑む。
(JCB/TVコマーシャル)

大好きです。なんといいますか、積極的であり尚且つ嫌味の欠片もない。世界「が」ではなく、世界「は」ってしてるところがさすがだなぁと思います。あと、微笑むの表現。事業運営している立場の自分にとって、座右の銘にしたいくらいお気に入りのコピー。



2.

車高の低さは知能の低さ。
(車ステッカー)

福岡市で見かけた変化球コピー。しかも高齢者運転マーク付きの車でした。嘘じゃありません!日赤通り、かに本家の前あたりで嫁も目撃してますから!


3.

6億円が当たると、
年収2000万円の生活が30年できるよ!
(BIG・TOTO/TVコマーシャル)

シンプルな算式のおかげで、6億の気品が高まります。「100万円でいいから...」と誰しも一度は思うことがあるでしょう。そのあたりの心理うまくくすぐられてる感覚です。


4.

近くて便利。
(セブンイレブン/TVコマーシャル)

これほどわかりやすくて真なコピーを他に見た試しがない。



5.

こどもたちに誇れる仕事を。
(清水建設/TVコマーシャル)

仕事に優劣はないと思いますが、仕事に向かう姿勢という点でヒットです。



TVコマーシャル多いなぁ。キャッチコピーは意外と生活シーンに潜んでいます。少し意識を上向きにしてみると、程よいコピーが祝福してくれるかもしれません。

広告を非表示にする