読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コピーライター的、戯言目録。

福岡拠点のコピーライター・プランナーです。日々の仕事で得た色んな手法をまとめています。

Webライティング。仕事の殺し方。

Webライティング(書き方と単価交渉) フリーランスのもがき方

こんにちは、福岡でコピーライターしてます、田中です。
土曜というのに福岡の空はアスファルトのようです。いやはや蒸し暑い(´・ω・`)



ずいぶんブログの更新頻度が下がってきたのでちゃんと投稿しようと思います。
前回の記事とかスーパー手抜きですしね。


今回は大マジに ライティング案件の取り方についてまとめていきたいと思います。

ここでいうライティングとは、

  1. Webライティング
  2. 雑誌などペーパー系のライティング

の2つを指します。それぞれぼくがどのように案件を増やしてきたのかについてまとめていきたいと思います。



Webライティング案件の獲得方法と単価感。



まずはじめにWebライティングの認識を統一したいと思います。
この記事内では ありとあらゆるWeb媒体に投下する記事 として述べていきたいと思います。

案件の種類も様々です。今のところ僕がしたことがある案件を、単価の高い順に並べていきたいと思います。

f:id:dieki03:20150517005721j:plain


1、商材サービスのランディングページライティング
2、企業店舗のホームページライティング
3、Webメディア寄稿用の取材記事ライティング
4、アフィリエイトメインサイト用のライティング
5、サテライトサイト、クソSEO用の愚劣ライティング


相当種類端折ってます。他にもメルマガ用のセールスレターライティングとか、スマホアプリのシナリオライティングとか色々有りますからね。
体験談の記事も結構単価高かったように記憶しています。ウォーターサーバー使ってるので、それの体験談とかですね。


ではこれらそれぞれをどのようにして受注するのか、また、その案件の単価感についてまとめていきたいと思います。

1、商材サービスのランディングページライティング

今までに受注してきたランディングページの案件、入り口は以下の様なところになります。

1−1、Web系大手代理店さんからの依頼
1−2、SOHO系サイトなどでの案件に応募→受注
1−3、クラウドソーシングの案件に応募→受注

どうやって仕事をとってきたかについて、簡単に経緯をまとめます。
たぶん、多くの人がWeb系大手代理店さんからの案件受注に興味があるかと思いますので、そちらをメインに。



【大手の代理店さんから仕事を受注するに至るまで】

f:id:dieki03:20150517005820j:plain


一言でまとめると「紹介」です。

名前は明かせませんが、福岡のアドテク系の会社に勤めている方から色んな所にご招待いただき、
そこで紹介された方から案件の相談→案件獲得といった流れですね、感謝感謝です。

↑だれか相手したってください。

アドテック九州2014の懇親会でいろんな人と話すようになって、そこから個別に相談みたいな感じだったように記憶しています。
馬鹿にできない飲ミニケイション。特に福岡では重要な気がします。いいのか悪いのかわかりませんが。

自慢っぽく聞こえたら申し訳ありませんが、ぼくになにもなければ、こういう風に相談いただくことはまず無いと思います。


ある程度の実務レベルの水準は超えてないといけないと思います。そうじゃないにしても、
相手に何か期待させられるものを見せられるかどうかは重要かと。

大手さんでもライティングに困っているところたくさんありますしね。
デザイナーさん抱えているところは多いですが、自社でちゃんと使えるコピーライターさん抱えるているところって意外と少ない印象。

ざっくりまとめます。一ヶ月間だれにも仕事で会わずに案件こなしているだけでは、フリーランスのライターという特性上、こういう案件が降ってくることはまず無いと思っています。

外に出たもん勝ちです。あと外での振る舞いも大事。その辺り、前職の営業経験が活きているように思います。


【SOHO系サイトやクラウドソーシングからの受注】

f:id:dieki03:20150517005951j:plain

さてさて、こういった大手の代理店からの受注以外にも、もちろんランディングページ案件の受注経路は有ります。

僕も昔はそうだったんですが、SOHO系サイトで募集されている案件に応募→受注みたいな流れですね。
便宜業記載はしていますが、僕はクラウドソーシング好かんので一切受注したことありません。なので事情もよくわかりません、すいません。

SOHO系の案件も馬鹿になりません。中には文字単価20.0円を超えるような物もありますし、探しようだと思います。

たまに今も見ていますが、僕は以下の様なところ使っています。


▼SOHO系

【文字単価1.0円超えの案件多数!】ライティング案件ならSOHOじんざい市場

SOHO、フリーランス向けの業務委託、在宅ワーク、副業、起業の求人情報ポータルサイト - @SOHO

ライター募集@JOBPORTAL

ライター募集・求人ならウェブライター・ジェイピー


この中だったら@SOHOかライタージョブポータルが多いですね。単価安くても、何かしら提案して交渉して単価あげちゃうという作戦です 笑


▼クラウドソーシング系

月2万円可能!主婦や学生もOK!はじめてのライティングはクラウドワークスで!


ランディングページ・ホームページのライティングも多数!ランサーズ

使わないのでよくわかりませんが念の為紹介しておきます。

営業をしなくて済むと考えれば、手数料2割なんて安いもんです。
手数料に文句言うなら自分で仕事取ればってだけの話ですし。

同じランディングページでも単価はアホみたいに違う。

f:id:dieki03:20150517010046j:plain


おどろくべきことに、この三種類の入口のいずれかで、文字単価が10倍以上違うことが有ります。

例えば1−1、大手のWeb代理店さんからの場合、費用感は以下のとおりになります。

A商材に関するランディングページのライティングのみ
文字数2,000ほど
電話でのインタビュー二件有り
報酬:50,000円(これでも安い方)
文字単価換算:25.0円

B商材に関するランディングページの構成+ライティング
文字数2,000ほど
電話でのインタビュー二件有り
報酬:120,000円(割りと高い方)
文字単価換算:60.0円


なかなかいいですね。案件によってもちろんリサーチも必要ですし、インタビューなんかもあったりなかったりしますが、
それでも相当単価はいいです。

これが1−2 SOHO系からの受注、1−3 クラウドソーシングからの受注になると、案件の内容はほぼ変わらないのに、
報酬が2,000文字で10,000円(文字単価5.0円)とか、ひどいところだと5,000円(文字単価2.5円)ほどでさせようとしてくるところもあるようですから恐ろしいですよね。

入り口が違うだけでこうも報酬が異なる。結構怖いですよね。


SOHO系、クラウドソーシング系である程度実績がある人なら、全然余裕で大手代理店さんからの案件受注できると思います。
実際にこういう案件にシフトしてきて、身を持って痛感しているところです、もちろんいい意味でですが。


2、企業店舗のホームページライティング。



ランディングページに引き続き、単価の高い部類に入る案件です。

特に中小以上の大手企業になると、ライティングだけでもかなりの単価になります。
例えば、今受けている某企業のホームページ案件でも1ページ35,000円ほど。
テキスト量は600文字程度なので、文字単価に換算すると恐ろしいことになります。

ただし、コチラもある程度の企業という前提があっての話です。最近クラウドソーシングでもこういった公式ホームページのライティング案件が転がっていると聞きます。

しかしながら、やっぱり単価は安いものが多いようです。っていうか、こういったコーポ−レートサイトの案件なのに文字単価で換算させようとするようなところは避けた方がいいと思います。絶対安いから。

こういう案件になると文字単価とかではなくページ単価だったり、サイト全体でのライティングの見積だったりになるので、文字単価という概念がもはやなくなります。



3、Webメディア寄稿用のライティング。



最近、ポータルサイトのみならず、キュレーションメディアだったりバイラルメディアだったり、いろんなWebメディアが台頭してきています。これらすべてのコンテンツは、8割型テキストで構成されていると言ってもいいでしょう。つまり、Webライターの出番ってわけです。

しっかりした媒体であれば、こちらもある程度の単価は保証できると思います。ただし、アフィリエイト目的だったりするとがくっと値段下がりますし、編集の哲学も理念もないようなひとがサイト運営していたりするので案件としてつまらないです。

コチラも結構ライター募集しています。SOHO系のサイトで探す、とかじゃなくてほとんどのメディアでライター募集っていう項目がありますので、そこに応募してみましょう。ぼくはしたことありませんが、ライティングの実績はいくつか有ります。

すべてご紹介で頂きました。雑誌媒体からWebに引き上げられるっていうなかなかレアなパターンでしたね。


4、アフィリエイトサイト メインサイト用のライティング。



ライティングをはじめて一年くらいしてから、これくらいの案件を受けるようにしました。
それまではSEO用のクソ案件ばかり。何度もこのブログで書いていますが、文字単価は0.16円からスタートしましたので。

これくらいのサイトになってくると、文字単価がようやく1円を超えるくらいになってきます。
会社として発注している場合は高いです。個人のアフィリエイタ−の場合そうでもありません。残念ですが、彼らに資本が無いケースが多いので。


いろんな案件が有りますが、闇雲にやってもしょうがないと思います。自分の得意分野で攻めるのがいいのかなと。
僕は営業経験があるのと、医療介護福祉の業界にいた経験から、そういった案件を重点的に受けるようにして、ライティングの効率を高めました。



5、SEO用のクソ案件。



ぼくはここからスタートして、徐々に徐々に案件のレベルを上げていきました。今の時点で文字数5050文字ってカウントされていますが、SEO関連の案件を機械的にこなしていたのでそこまで苦はありません。

このライティングの根性がついただけでもよしとしようかなと思っています。
多い時は、600文字の記事を一日で50記事ほどさばいていたことも有ります。あー恐ろしい。

キーワードはだいたい「霊園」とか「営業代行」とか「インプラント」とか「レーシック」とか「結婚内祝い」とか。

思い出したくないwwww


あとがき。


最後らへんは甚だ手抜き記事になってしまいましたが、低劣単価の記事案件にもだいているWebライターさんの一助になれば幸いです。
もし困っているなら、連絡ください。無料で出来る範囲では有りますが、仕事のとり方とか相談に乗ります。

仕事も振れます。常識的なビジネス感覚とかよりも、自分がなにかすごく好きなこと、興味のあることがあって、その知識なら誰にもまけんぜみたいな人大募集。ぼくもそろそろ不労所得用に、本格的にアフィリエイト回していこうと思います。

目標は、何もせずに月30万円くらいはアフィリエイトで報酬得ること。
そうしたらいよいよ本業の案件選べるし、もっとやりたいことに注力できるので。



一応、こういう事業を運営しているものです。
この記事ではじめて出会った方は得体がしれん若造がなんか言いよるわ、的な感じでしょうし。
http://is-ai.com

広告を非表示にする